【シミの悩みを改善】美容施術の特徴を徹底解説

医者
  1. ホーム
  2. 適切な選択をどのように

適切な選択をどのように

婦人

種類に合うことを

シミの治療を美容整形外科で的確に行うには、シミの種類を知ることが大切です。シミの種類に合う攻めのアプローチを美容整形外科で行うことで、肌の状態をより良くすることができます。シミの原点はメラニン色素であることが多く、メラニン色素へのアプローチが肌の改善につながります。老人性色素班はシミの中でレーザーや光治療の反応が良くて取れやすい特徴もあります。このタイプは最初は薄い茶色をしていて、次第に濃くはっきりしてきます。脂漏性角化症は角質細胞の増殖によりイボのように若干膨らんでいる特徴があります。加齢や紫外線が主な原因とされていて、Qスイッチレーザーを使用することが多いです。皮膚は何らかのダメージを受けると炎症を起こして色素沈着を残すこともあります。ニキビ跡の色素沈着や傷痕の色素沈着などがあります。こうした色素沈着もレーザーで治療することが可能です。シミの種類はアザや肝斑など様々なので、それを見極める目を持つ医師と適切な治療方法を上手く選択することが大切です。レーザーや光治療器の選択を上手く行うことで、より短時間に容易に治療することができます。美容整形外科で肌への施術をする際には、治療法ごとに異なるアフターケアのことを考慮する必要があります。強いレーザーを照射する必要がある時は、アフターケアのことを特に考えることが大切です。強いレーザーを照射すると、皮膚が一時的にダメージを受けカサブタになることもあります。アフターケアをいかに行うかで、レーザーの効果をより高めることができます。レーザーを当てた後のアフターケアのことは、美容整形外科のカウンセリングで聞くことができます。美容整形外科で使用するレーザーはとても進化していて、皮膚の深い部分にあるメラニン色素だけを取り除くことも可能となっています。こうしたピンポイント治療が可能となることで、より肌に優しい施術が可能となります。レーザーは種類ごとに波長が異なり、波長の広い光効果によって、広範囲に点在するシミをより効率的に取れます。こうしたレーザーによる施術を受けた後は、痛みはほとんどなく施術直後から化粧をすることも可能ですので、この施術による日常生活への影響はないです。肌の治療目的で美容整形外科に通う時は、施術法と使用する機器の適切な選択をすることを心掛ける必要があります。治療機器の進化に注目することで、より良い施術を肌に行うことが可能となっています。様々な最新医療を知る効果はとても大きいです。