【シミの悩みを改善】美容施術の特徴を徹底解説

医者
  1. ホーム
  2. 施術で美白になるプロセス

施術で美白になるプロセス

医者

レーザーで色素を破壊

肌に定着したシミは諦めるしかないとお考えの方も多いですが、美容整形外科ではシミ取り施術も行われていますから、悩みの種となるシミを改善できます。施術ではレーザー治療も主要な方法になっており、茶色などの濃い色にのみ作用する特別な医療レーザーを使って治してくれるのです。Qスイッチレーザーも人気の治療ですが、これにはルビーレーザーやNdヤグレーザー、およびアレキサンドライトレーザーなど、複数のタイプがあります。そして、レーザーをシミへ向けて照射しますと、黒ずみの原因になっているメラニン色素にレーザー光が吸収され、その熱で色素を壊します。シミの種類や度合いなどで個人差はありますが、概ね1週間から10日も経過すれば、破壊された色素がかさぶた状になり、自然と剥がれ取れる仕組みです。かさぶたとなって排出された後は、フレッシュな皮膚へと移り替わりますので、これがレーザー施術の一般的な内容になっています。かさぶたが自然に取れるまでは、目立たないように肌色をしたテープを患部に貼り、保護しておくのが通例です。そのため、治療後しばらくはテープを貼ったままの生活が続きますが、医療レーザーは威力がとても高いため、能率的にシミを改善できます。また、Qスイッチレーザーはメラニン色素にしか反応しませんから、原則として健常な肌へダメージを与えることはありません。さらにレーザーですから、真皮層など、表皮からずっと奥にあるシミに対しても、有効な治療方法となっています。一方、各Qスイッチレーザー施術の違いですが、ルビーレーザーは特にシミ取り治療に効果があるとされており、少ない治療回数で済むのが特徴です。波長が長めのNdヤグレーザーは、メラニン色素への反応率は低めですが、肌が濃い色でも治療でき、深い位置にある色素を壊すことも得意としています。深在性の疾患ではNdヤグレーザーが本領を発揮しますが、短い波長でも照射できるため、表皮付近の色素へも幅広く対応可能です。アレキサンドライトレーザーは、1度の照射範囲が大きく、頑固なメラニン色素にも有効とされており、背中や手の甲といった所の治療でも活用されます。レーザーのワンショット分の面積が広いため、施術時間も短くて済むなど、比較的スピーディーな治療が受けられる場合も少なくありません。これら全てのレーザー機器を取り揃えている美容クリニックもありますが、特定のレーザー治療のみ提供しているという場合も多々見られます。そこで、素肌の気になるシミを取るために美容整形外科などを探す時は、レーザーの種類も調べて比較しましょう。